2012-05-30

~amd64 環境でも特定パッケージを ~amd64 とマークされたバージョンへ自動更新しないようにする

make.conf に ACCEPT_KEYWORDS="~amd64" と書いていると、どんどんパッケージが更新されて楽しいのですが、 firefox はパッケージがでかい上に ~amd64 なパッケージも比較的頻繁に降ってきます。さすがにちと時間がかかって面倒な感じがしないでもありません。そこで指定した任意のパッケージを ~amd64 とマークされたバージョンへ自動更新しないようにします。
まず手始めに、 /etc/portage/env/nounstable.conf あたりに次のように記述します:
ACCEPT_KEYWORDS="-~amd64"
さて、/etc/portage/package.env に以下のように、パッケージ名(とバージョン)を指定して選択的に nounstable.conf が適用されるようにします:
www-client/firefox nounstable.conf
app-office/libreoffice nounstable.conf
これで、たとえ make.conf で ~amd64 を受け付けるように記述していても、emerge の際に明示的に ACCEPT_KEYWORDS="~amd64" emerge ほげほげ としなければこれらパッケージの unstable バージョンはインストールされません。
…とここまで書いたのはいいのですが、今朝(2012-05-30)の寝起きのテンションでやってたのでうまく行ったような気がしたのですがいまいちどうもちゃんと動かないので、/etc/portage/package.accept_keywords に
www-client/firefox -~amd64
app-office/libreoffice -~amd64
と書いておくのが近道のようです。なお、emerge するときに ACCEPT_KEYWORDS="-~amd64" emerge ほげほげ と指定すると unstable なバージョンはインストールされません。

0 件のコメント:

コメントを投稿