2011-11-20

カリー化と部分適用

っていうのはつまり、関数 f があったとして:
var f = function ( a, b ) { return a + b; };
  • カリー化は f をこんな感じに g へ書きなおしてやることで:
    var g = function ( a ) {
      return function ( b ) {
        return f(a, b);
      };
    };
    
  • 部分適用というのは次の h のように引数を固定、たとえば a = 10 のときはこう:
    var h = function (b) {
      return f(10, b);
    };
    あるいはさっきの g を使えばこういうふうに:
    var h1 = g(10);
することですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿